階段

LATEST POST

2017年01月12日
民泊をするメリットには何があるのを更新しました。
2017年01月12日
旅行で宿泊を民泊にするかどうか検討を更新しました。
2017年01月12日
政府が推進している民泊利用についてを更新しました。
2017年01月12日
国際的な感覚を身に着けるため民泊を利用を更新しました。

ホストファミリーとしての民泊

歯医者のホームページを作るならホームページ制作歯科の「ティーエイト」に任せましょう。幅広くサポートしてくれるので、全て任せることができますよ。

民泊はホストファミリーとして受けいれることで、観光に訪れた方に温かみを与えることができます。日本はオリンピック誘致の時に、スピーチとして「おもてなし」を伝えました。おもてなしは海外にあまりない文化であるために、聞かれた方は何だろうと感じ、実際に日本に行かれた方は納得という感覚を得ました。日本はとても丁寧、親切と海外の方は感じています。
それをホストファミリーとして、受け入れる事で訪れる方に日本の良さを受け取っていただけます。日本人はなかなか表現を出すのが難しい、シャイと言われがちですが、日本の良さをアピールする場にもなります。そして民泊等を扱うサイトにおいて評価をしていただけます。普段とはない評価のされかたです。観光客にどのように対応しているのか、どのように感じているかを客観的に見ていただくことができます。
それは普段人に対してどのような態度をしているのか、見られているのかもチェックすることができ、仕事面や接し方においても見直すきっかけになります。ホストファミリーもただ泊まるだけでなく、感動を与えることができます。民泊は普段にはない感覚を養うために、家族ぐるみで取り組むことも生活に面白みを与えることができます。

外国人観光客を取り入れたいなら

民泊で海外からの観光客をゲットしたいなら、できるだけホストとゲストの接点を増やすことをオススメします。海外へ行ってホームステイをしたことがある人は、当たりはずれが大きいと言います。確かに、放任主義であるホストもいれば、観光地案内をしてくれるホストもいます。
日本に来た観光客にアンケートを取ってみると、残念だったのは現地の人とのかかわりが思ったほどなかったというデータが出てきます。これは、せっかくはるばると日本にやってきたのに、なかなか本場を味わえなかったということ。ならば、民泊で日本文化と触れ合えることをアピールすれば、自然と客足は伸びていくのではないでしょうか。
別に、英語ができなくても良いのです。むしろ、日本に来たのに英語で対応されては、文化の一部である言葉の面白さがなくてがっかりするかもしれません。緊急時には英語ができた方が良いですが、それ以外では相手が知っている日本語に合わせるのもホストとして良い行動だと思います。
畳みの部屋、障子があること、土足禁止、ホストはこんな人だよ、と情報をふんだんに民泊のネットサイトに載せると食いつきも良いでしょう。知ると安心してくれるので、思った感じではなかったと後悔することも少なくなります。

海外旅行で体験してみたい民泊

これまで海外旅行は何度もしてきたものの、すべてツアーであり、決められたホテル決められたコースをバスで回ったりするだけという旅行では、現地の本当の姿を知るということにはなりません。実際には現地のホストたちと触れ合ったり会話をしたり、その人たちの生活を見ることがないと、単に建物や景色だけを見て終わりになってしまうのです。
最近話題になっている民泊というのは、まさに現地ローカルを体験するのはベストであり、民泊すればその人たちのことを知ることができ、生活の仕方や食事、文化などいろいろなことを知ることができるのです。民泊といっても旅行先に友達でもいない限りそうしたことをするのは不可能なので、民泊専用のサイトを利用して、そこから紹介されているホストを選びつつブッキングをしていくことで、それが実現することになります。
そうしたサイトはその業者によりしっかりと管理がされており、金銭トラブルその他の問題が起きないようなシステムになっていますので、その点ではあまり不安なく楽しむことができるに違いありません。むしろ海外の人たち、そのホストが本当にウェルカムで向かえてくれる、そのおもてなしにびっくりすることでしょう。民泊するというのは本当に楽しいのです。

RECENT CONTENTS