階段

政府が推進している民泊利用について

民泊は、業者が一般の空き家を民泊用に宿泊出来るようにリフォームして、貸し出すシステムになっています。民泊として利用できる施設は広さが25平方メートル以上で、玄関や各部屋に施錠することが条件になっています。一般的にそれまで利用されていた民家ですので、部屋の区切りが襖の場合がありますし、トイレやお風呂は一つですので、そのような場合は襖を壁にして、施錠できるドアをつける形にリフォームする必要がありますし、各部屋にトイレを設置する必要があります。
お風呂は公衆浴場が近くにあれば風呂が無い場合がありますし、宿泊する人によっては湯船に浸かる風習がない人もいるので、風呂があってもその形態は民泊によって違うので、宿泊する前に問い合わることがお勧めです。民泊はこのようにリフォームされた施設を利用して、現地の人と同じように生活する事で、単なる旅行では味わえない体験をすることができます。
政府も国家戦略特区としての民泊使用を推進しています。具体的には民泊として利用する場合、6泊7日以上の利用が条件ですが、国家戦略特区として民泊を利用する場合は2泊3日以上に変更して、短期間の滞在も出来るようにして、利用し易くしています。東京都の場合、家事代行サービスも解禁しているので、このサービスを利用している民泊施設は、観光のみに専念できて大変便利になっています。

RECENT CONTENTS